沖縄県浦添市 訪問看護~ターミナルケアまでご家族に寄り添った看護サービスを提供しています|きずな訪問看護ステーション

訪問看護とは

訪問看護とは自宅で療養生活されている皆様のご自宅にて看護を提供するサービスです。
訪問看護ステーションは住み慣れた家で自分らしく生きていくことをサポートするため、看護を必要とされる子供から高齢者までのあらゆる方を対象に看護師がご家庭を訪問いたします。
病院、施設、かかりつけ医、関係機関などと連携をとりながら、療養上のお世話や助言、診察の補助、などの援助を行います。これらは介護保険・健康保険・その他公費制度などでご利用いただくことができます。

利用対象は?

疾病・障害をもち、療養をしながらご家庭で生活されている方が利用できます。
きずな訪問看護ステーションでは利用者ご本人だけでなく、支えているご家族の方の心のケアにも力を入れています。慣れない在宅看護では難しさや迷いで不安になることもございます。
そんな時はスタッフまでお気軽にご相談下さい。二人三脚の看護で満ち足りた毎日を一緒にサポートします。


訪問看護を利用するには

訪問看護は医療保険、介護保険のどちらでサービスを受ける場合も
まずはかかりつけ医の指示書が必要となります。

医療保険で訪問看護を利用する場合

医療保険では年齢に関りなく訪問看護がご利用いただけます。ご利用を希望する際には、まずかかりつけ医にご相談ください。訪問看護ステーションでは、かかりつけ医が交付した「訪問看護指示書」に基づき、必要なサービスを提供します。

医療保険の訪問看護

介護保険で訪問看護を利用する場合(要支援、要介護認定が前提です)

「要支援1~2」または「要介護1~5」に該当した方は、ケアマネージャーに相談し居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。

介護保険の訪問看護

利用料金

利用する公的保険の種類によって基本利用料の割合は異なります。
ご不明な点はどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

基本利用料 その他の負担
◎介護保険で訪問看護を利用する場合
毎回、他の居宅サービスと同様に費用の1割を負担
支払限度額を超えるサービス(訪問看護回数増など)、保険給付対象外サービスは全額自費負担
◎医療保険で訪問看護を利用する場合
  • ・70歳以上の方は、原則として費用の1割
    (現役並み所得者の方は費用の3割)を負担
  • ・70歳未満の方は、原則として費用の3割
    (義務教育就学前の方は費用の2割)を負担
  • 一定時間を超えるサービス、休日や時間外のサービスは差額を負担
  • 交通費、おむつ代、死後の処置は実費を負担

提供サービス内容

訪問看護ステーションではかかりつけの医師と連絡をとり、心身の状態に応じて以下のようなケアを行います。

医療機器の管理

人工呼吸器、胃痩、気管カニューレ、人工肛門、人工膀胱、吸引器、吸入器、輸液ポンプ、在宅酸素、腹膜透析機器などの管理を行います。

医師の指示による医療処置

かかりつけ医師の指示に基づく医療処置を致します。

服薬の管理

処方されている薬の把握や処方時のセットを行い、しっかりと薬が飲めているか確認させていただきます。

在宅療養のお世話

身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄の介助・指導を致します。

病状の観察

病気や障害の状態、血圧、体温、脈拍などのチェックをし、医師と連携し病状の改善や健康維持をお手伝いいたします。

床ずれ予防、処置

床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当を致します。

認知症、精神疾患のケア

認知症看護の相談や、こころのケアを致します。

介護予防

低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイスを致します。

ご家族等への介護支援、相談

本人のみならず家族からの不安を解消できるようサポート致します。
在宅療法にあたっての不安や心配事はスタッフまでお気軽にご相談ください。

ターミナルケア

がん末期や終末期などでも、自宅で過ごせるような適切なお手伝いを致します。

24時間365日訪問看護

土日祝祭日や早朝、夜間、深夜でも電話一本ですぐに駆けつける体制を整えています。

◎サービス利用につきましては「訪問介護とは」をご覧ください。
◎コウノメソッドを取り入れた医療サービスのご相談も承っています。
※コウノメソッドとは⇒
名古屋フォレストクリニック院長:河野和彦先生が考案・実践している認知症治療法のことです。

訪問看護サービスを受けるまでの流れ

はじめに、①介護保険、➁医療保険のどちらの区分で訪問看護サービスを受けるかを決めます。
まずは①介護保険の対象となるかを検討し、対象となる場合は介護保険、
対象とならない場合は➁医療保険で検討というのが一般的です。

介護保険で訪問看護を利用する場合(要支援、要介護認定が前提です)

まずは介護保険の申請を行います。その際に「要介護」もしくは「要支援」の認定を受けてください。
その後「要支援1~2」または「要介護1~5」に該当した方は、ケアマネージャーに相談し居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます(ケアプラン作成)。

介護保険の訪問看護

医療保険で訪問看護を利用する場合

①で介護保険の対象とならなかった場合は、医療保険の利用となります。また介護保険には月間の支給限度額があるため、他の介護サービスを多く使ってしまうと訪問看護が必要なだけ利用できなくなることがあります。
その場合にも医療保険の利用となります。

※制度上、介護保険の訪問看護と医療保険の訪問看護を同時に利用することはできません。
利用にあたって不明な点はスタッフまでお気軽にお尋ねください。

医療保険の訪問看護

利用できる保険制度の早見表

下記に一般的な項目をまとめました。きずな訪問看護ステーションではサービス利用に関するご相談も承っております。ご不明な点はどうぞお気軽にご相談ください。

介護保険を利用
※介護保険で要支援・要介護と認定された方は、介護保険が優先的に適用されます
医療保険を利用
介護保険が利用できない方や
重い病気・症状の方
65歳以上 要支援・要介護と認定された方
(介護保険第1号被保険者と呼ばれます)
医師が訪問看護の必要性を認めた方で
介護保険の要支援・要介護に該当しない方
65歳未満
40歳以上
16特定疾患(主に加齢が原因の病気)の対象者で、要支援・要介護と認定された方
(介護保険第2号被保険者と呼ばれます)
医師が訪問看護の必要性を認めた方で
①16特定疾患の対象ではない方
②16特定疾患の対象ではあっても、介護保険の要支援・要介護に該当しない方
40歳未満 介護保険の対象年齢は40歳以上からです 医師により訪問看護が必要と判断された場合
その他 (注意)
制度上、 介護保険の訪問看護と医療保険の訪問看護を同時に利用することはできません。
介護保険の要支援・要介護の認定を受けた方でも、次の条件に当てはまる方(特に重い病気の方)は医療保険の訪問看護をご利用になれます。
①介護保険における厚生労働大臣が定める疾病等の方
②病状の悪化により医師の特別指示(特別訪問看護指示書が出されている方

お問い合わせ

採用情報